二枚爪を治したい!強くて綺麗な爪にするためにネイルサロンでできること

二枚爪を治したい!強くて綺麗な爪にするためにネイルサロンでできること

二枚爪の原因とは

 

爪は一枚で指を覆っているようにみえますが、実は三層に分かれているのをご存知でしたか?普段目に見える上の部分は背爪(はいそう)、指に近い部分を腹爪(ふくそう)、その間にある部分を中爪(ちゅうそう)といい、これらの先端が別々に剥がれてしまっている状態を、二枚爪といいます。
爪を休ませることなく、ネイルを繰り返したり、ギターをかき鳴らすなど強い衝撃を断続的に与えたりしていると、二枚爪になってしまいやすくなります。
また、乾燥や保湿不足、貧血、栄養不足が続くのも、二枚爪の原因と考えられています。
いったん二枚爪になると爪の強度が弱くなり、ちょっとした衝撃だけで何度も二枚爪になってしまうケースも。ネイルを塗るのも難しくなります。
こうした二枚爪のトラブルに効くサロンメニューについて、調べてみました。

 

 

爪を強くするためのサロンメニューその1:ジェルネイルで保護する

 

爪は、乾燥すると二枚爪になりやすくなります。そのため、二枚爪にあえてジェルネイルを施し、爪をカバーすることもあります。
ジェルネイルを塗布していることにより、一時的に爪の強度を増すことで爪を衝撃から守る効果も期待できます。
ただし、二枚爪の上にジェルネイルを施すと、オフする時にさらに爪が割れて、薄くぺらぺらになってしまうことも。ジェルネイルは、爪をプラスティックで覆っているのと同じことです。保護のためと思っても、かえって弱い状態の爪を傷めてしまうこともあるのです。
ジェルネイルを施術可能かどうかは、ネイリストの判断によります。爪の状態によってはジェルネイルを断わられる可能性もあるので、そうした場合はプロの判断にしたがいましょう。

 

 

 

爪を強くするためのサロンメニューその2:オイルでケアする

 

ジェルネイルは、二枚爪をジェルでカバーして、爪を保護するというアプローチです。それに対して、オイルケアは爪を内側から強くする効果を求めておこなうものです。
二枚爪は、乾燥によって爪の三層が複数に分かれてしまう状態。それを改善するためには、爪の水分が逃げないようオイルで保護することが大切です。
市販のネイル用オイルにも、二枚爪を防いで爪を強くする効果のあるオイルはあります。しかし、ネイルサロンならオイルを塗るだけでなく、手を温めたりマッサージをしたりと、総合的なハンドケアを受けることができます。
二枚爪は、一回施術をしたからといってすぐに治るものではありません。サロンによっては、数回の施術がセットメニューになっているところも。気長なケアが必要です。
二枚爪が改善してからも、ジェルネイルのやりすぎは爪を傷める元。爪の乾燥には気をつけるようにしましょう。

 

 

ノーモア二枚爪!日常生活で気をつけたいこと

 

爪を構成している主な成分はケラチンです。髪や、動物のヒヅメもケラチンが主な成分。たんぱく質を体内に摂取するとアミノ酸に分解されますが、ケラチンはその際に生成されるものです。繊維状の成分であるケラチンが体内に不足すると、丈夫な爪を作るサイクルが滞り、二枚爪になりやすくなります。髪が細くなり、コシがなくなって切れやすくなる人も。髪と爪は同じ成分ですから、当たり前ですね。
また、たとえ栄養が充分であっても、血行が悪いと指先のような末端にはなかなかいきとどきません。そのため、冷え性気味の人も二枚爪になりやすいタイプです。肩こり症や血の巡りがあまりよくないという人は、爪に血液が循環するよう、体をあたためたり指先を動かしたりしてみましょう。

 

ケラチンが不足して弱くなった爪は、爪切りなどの衝撃でもかんたんに二枚爪になりやすくなります。そのため、爪が伸びたらやすりを使うなど、普段から爪に強い刺激を与えないようにすることが大切です。
爪は、塩素や強い洗剤、アルコールにも弱いもの。スイミングが趣味で定期的にプールへ通っているという人や、家事や飲食店勤務で洗剤やアルコールに触れる機会の多い人は、可能であればゴム手袋をする、刺激物に触れた後には手だけではなく爪までしっかりと保湿するといった対策をとるのがおすすめです。また、サロンで定期的にハンドケアを受けるのも効果的です。
爪を保護するキューティクルオイルは、爪から水分が蒸発するのを防いでくれます。乾燥しやすい冬場や春先は、二枚爪にならないうちからこまめに塗っておくのも良いですね。普段からケアしておけば、だんだんと強い爪が育っていくはずです。

 

 

まとめ

 

二枚爪のケアは、爪切りなど普段のケアに気をつかうこと、そしてサロンでしっかりプロのケアを受けることで改善されていきます。丈夫な爪は一朝一夕で手にできるものではなく、そういった意味でも行きつけのネイルサロンがあることは心強いこと。
そういった対策をしても二枚爪を繰り返す場合は、爪が原因ではなく何らかの体調不良や病気が隠れているケースも。サロンに通っても改善がみられない場合は、たかが爪と思わずにクリニックへ相談してみましょう。
爪はオシャレをするためだけのものではなく、指がものを掴む支えになる、大事な部分。ジェルネイルを頻繁にしてもらうという人も、たまには自分の爪にオイルや保湿クリームなど、ごほうびをあげてくださいね。